伊藤詩織と山口敬之について考える

伊藤詩織(いとう しおり)と山口敬之(やまぐち のりゆき)。どちらも全く知らない人なのですが、ジャーナリストだそうです。このお二人が何やら会食したらしいのですが、こんな事件が起きたそうです。

元TBS記者の山口敬之氏に性的暴力を受けたとして、山口敬之氏を相手取り、東京地方裁判所に伊藤詩織さんが裁判を提起していた事件で、12月18日、伊藤詩織さんが勝訴し、同裁判所は、山口敬之氏に賠償金として330万円の支払いを命じた。山口敬之氏は、不服として、控訴する方針だ。


引用元:時事ドットコム

伊藤詩織さんは、2015年4月3日、、就職と米国での就労ビザ取得について相談のため、東京都内で山口敬之氏と会食したが、酩酊状態になり、山口氏が宿泊していたシェラトン都ホテル東京にタクシーで連れ込まれ、伊藤さんの意思に反して、朝まで性的暴行を受けたと裁判で主張した。伊藤さんは、朝方意識が戻り、性的暴行を受けていたことに気がついたという。

山口敬之氏は、同意の上、性的行為に及んだとして、伊藤さんの主張を否定し、伊藤さんが自己の主張を書いた著書などにより社会的信用を失い、名誉を毀損されたとして、伊藤さんに一億三千万円の慰謝料を請求する反訴を提起していた。

東京地裁は、山口氏の主張の変遷から、山口氏の主張は信用できないとし、また、酩酊状態の伊藤さんが自分の意思で同ホテルの山口氏の部屋に入室したとは認められないとした。さらに、「原告(伊藤詩織さん)が意識を回復して拒絶した後も被告(山口敬之氏)は体を押さえつけて、性行為を続けた」として、伊藤さんが性的暴行を受けたことを認めた。

また、伊藤さんの著書は「性犯罪被害者のおかれた社会的状況の改善が目的であり、公共の利益になる内容であるから、名誉毀損(きそん)には当たらない」として、山口氏の主張を退けた。

山口氏は記者会見し、「客観的証拠もないのに、一方的に伊藤さん側の主張だけが認められたのは納得できない」と述べ、控訴する方針を表明した。

一方、伊藤さんも、東京都内で記者会見を行い、「勝訴で、受けた傷がなくなるわけではないが、性暴力被害者の力になれたなら意味があった」と、この判決について感想を述べた。また、実名による被害告白については、「心ない声につらい思いをしたこともある。被害者が訴えやすく、周りの支えがある社会になってほしい」と語った。

東京地方検察庁は16年7月、準強姦(ごうかん)容疑で書類送検された山口氏を嫌疑不十分で不起訴とした。検察審査会も「裁定を覆す事由がない」として、不起訴処分を相当と議決した。

引用元:伊藤詩織さん勝訴、東京地裁が性暴力認定し、元TBS記者に賠償命令(東京)(日本ニュース通信)

暴行ですか?飲み過ぎたそうなので、膀胱の間違いかと思いましたが・・・。

普通、女は、知らない人やよく知らない人と会食をして、お酒を飲んだり、ましてや、泥酔するまで飲んだりはしないものです。何しろ、結果が見えています。

もし膀胱とかいうことになったら、大変ですから・・・。

小さな子どもならわかります。入る前に、ちゃんとしてこないから、お風呂に入っている最中でも、膀胱問題に発展し、ジャーッとしてしまうことは、まれではありません。汚いですね。汚水として、汚水管から流れるものが、雑排水と一緒に雑排水管を通って出て行ってしまいます。別に違法ではありませんが、汚いです。

そういう汚いことになりかねない行為を他人の前でやるなんて信じられませんよね(笑)。

それを膀胱・・・じゃなかった暴行というのは、どう考えてもおかしいです。子どもじゃああるまいし・・・。

あぁ、そうか。男性を知らなかったんですね。それなら、わかります。


引用元

なるほど、こんなぶす、じゃなかった、醜女では男が寄りついたことは今までなかったに違いありません。

しかも・・・


引用元

こんなにぺらぺらのバストでは(笑)。

しかし、だからといって、よもや・・・


引用元

・・・こんな格好で会食していたなんてことはないでしょうね(笑)。

いくら顔があんなだからと言って、こんな格好で会食して、酔いつぶれたら、犬でもなめたくなるに違いありません。

しかも、下着は、間違いなく黒だったらしいです。

黒って・・・え~?

黒い下着で、男と会食して、酔っ払って、気を失ったって、どういう意味ですか?

じゃあなくて、どういうおつもりですか?


引用元

これはまたものすごい醜男ですね。こんな男になめられるぐらいなら、犬の方がましに違いありません。よくもまあ、こんな醜男と会食して、お酒まで飲む気になったものです。伊藤詩織は気違いですか?

そういうわけで、この話はあまりにも不自然すぎますよね。

醜女と醜男が会食して、醜女が酔っ払い、気を失う?????。朝起きたら、なめられていた。え?

どうしてこんな醜態をさらしたのかが、普通に謎です。

しかも、この伊藤詩織さん、ジャーナリストとして何か他にやったことがあるのでしょうか?伊藤詩織なんて名前、はじめて聞きましたが・・・。

「私は真実を述べています。」(山口敬之)

いつからジャーナリストが真実を述べるようになったのか謎ですね。うそ以外は何も口から出てこないのがジャーナリストなので・・・

「なぜ伊藤さんがこれだけの嘘を言っているかは分かりません。」(山口敬之)

・・・などとのたまう理由が私にはまるでわかりません。

伊藤詩織さんがうそを言う理由?それはジャーナリストだからですよ。

しかも、裁判だし(笑)。

だから、裁判だから(笑)。

それも、裁判だし(笑)。

二人ともジャーナリストなので・・・

「私から見れば、伊藤さんは嘘つきの常習犯です。」(山口敬之)

はい。

私から見れば、山口さんも、伊藤さんも、嘘つきの常習犯です。

と言うか、嘘つきの確信犯です。


引用元

問題は、330万円の賠償金支払いの判決です。

証拠のビデオだけで40万円もかけたらしいので、これでは裁判費用が出るかどうかぐらいですね。たぶん出ないでしょう。

たぶん「裁判官はどちらが正しいかわからないので、お金のある男の方が裁判費用を負担せよ」と言う内容の判決だったのだろうと思います。裁判の判決というのは、そういうものです。

だから、伊藤詩織さんは請求した1100万円の全額を賠償してもらうのでなければ、敗訴と言っていいと思います。

まあ、お金が目当てではないはずなので、そういう意味では勝訴かもしれませんが、3年もすると、後がなくなりますね。取材した他のジャーナリストは、この事件がなんなのかわかっていると思いますが、お金儲けなので、じゃなくて、お仕事なので、お祭りにしたような気がします。

ジャーナリストは、みんな嘘つきの常習犯ですから。