三宅雪子さんは他殺だった

事件の流れ

今年、2020年1月2日に東京湾で遺体が発見され、警察が自殺と断定していた元衆議院議員の三宅雪子さんですが、いろいろ見ていくと、不審な点が多く、恐らく他殺だったのではないかと思います。事件の流れを見てみると・・・。

12月30日
22:10頃まで頻繁にTwitterでツイートを発信。

その後行方不明に。

12月31日
未明(4時~6時頃?) 芝浦ふ頭で、遺品となった靴と鞄を発見。鞄の中に自殺をほのめかすメモがあった。

19:47 本人がブログを更新。以前にアップロード済みの写真のみを掲載した記事を公開した。

1月2日午後(?)
東京湾(大田区)で遺体が発見される。

不審な点

おかしいのは、12月31日未明に靴と鞄が発見されながら、12月31日夜に本人がブログの更新をしたことです。その間、裸足で、どこにいたのでしょうか?

丸一日裸足で歩いてスマホからブログを更新したのでしょうか?普通、裸足になる前にブログを更新するでしょう。だから、もし本当に本人がブログを更新していたとしたら、あまりにも不自然です。しかも、ブログの内容が以前12月9日にアップロードした写真だけというのも変です。

このブログはMovable Typeと言うシステムを使っていると思われますが、もし本人以外の第三者が更新したとすると、ログイン情報を聞き出したことになります。そうなると、拉致されたことになります。あるいは、第三者に強制されて、更新した可能性もあります。いずれにせよ、この記事を普通の状態でアップロードしたとは到底考えられません。恐らく予約投稿も可能だとは思いますが、19:47と言う半端な時間に予約する意味が不明です。

このことから考えると、12月31日未明から12月31日19:47までの間に三宅雪子さんは事件に巻き込まれていたと思われます。亡くなったのは12月31日未明以降の時間になると思います。

その他、不審な点は、12月30日前後のツイートがかなりまともだと言うことです。たとえば、死ぬ当日や前日にチョコレートの話などしないですよね。

自殺をほのめかしているとされるもの

三宅雪子さんのツイートに以下のようなものがあります。

投稿日: 2019年12月30日
外出先から家に戻りました。色々考えて出した結論。いや、まだ考えています。

投稿日: 2019年12月30日
私は多くの方に支えられて幸せでした。ありがとうございました。乗り越えられない人を見捨てない社会にしたいですね。

しかし、どこにも自殺するとは書いていません。何を考えて、どういう結論を出したのかわかりませんし、年末に過去を回顧するのは、普通です。これだと、自殺をほのめかしていると考えれば、考えられなくもないというぐらいのレベルです。

普通、自殺というのは、突然しません。それまで、自殺をするという信号をかなり何度も発した後に死ぬものです。たったこれだけでは、弱すぎます。

どうも矛盾することが多すぎて、単純に自殺と断定するのは無理かなと思います。他殺の方がよほど説得力があります。しかも、よりによって東京湾に飛び込むかという問題もあります。同じ飛び込むなら、もう少しきれいな海で飛び込むのではないでしょうか?