ついに新型コロナウイルス国内感染者1000人突破

先月下旬、政府は必死になっていましたが、やはり思った通り、3月中に新型コロナウイルス国内感染者は1000人を突破しました。

厚生労働省は、2020年3月21日、新型コロナウイルス国内感染者数が1000人を突破したことを発表した。新型コロナウイルス感染者は、昨年2019年11月に中華人民共和国の武漢市付近で発生が確認され、同年12月31日に世界保健機関(WHO)に報告された。その後、新型コロナウイルスは中国全土を席巻したのみならず、世界各地にも押し寄せ、日本でも翌2020年1月16日に初の感染者を確認した。

発生源となった中華人民共和国武漢では、2月以降、社会的機能が麻痺状態に陥り、副市長などの要人も相次いで急死した。日本では、2020年2月21日に感染者数が100名を突破。日本国政府は、6日後の2月27日、全国の学校を一斉休校にする措置を打ち出し、不要不急の旅行、外出を控えるように呼びかけた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は留まることを知らず、100名を突破した一か月後である2020年3月21日、ついに日本国内の感染者数が1000人を突破した。

世界全体では、2020年3月22日現在、すでに約26万人以上が感染し、約1万2千人が死亡した。致死率は約5%にもなる。ウイルスに詳しい専門家によると、コロナウイルスの国内感染者数は、このまま増え続け、4月末までに3000人を突破、5月末までに7000人を突破することが予想されるという。世界全体では、4月末までに100万人、5月末までに300万人の感染者が出ることが予想されると言う。

引用元:新型コロナウイルス国内感染者数が1000人を突破(日本ニュース通信)

飛沫感染で感染が拡大するというのも、急速に拡大した原因ですが、みんながマスクをしたために、インフルエンザが流行しなかったのに、新型コロナウイルスだけが急速に感染を拡大させたのは不思議と言えば、不思議です。

政府は、新型コロナウイルスの感染力は弱いなどと言っていましたが、やはり新型コロナウイルスの感染力はかなり強いとみるべきですね。実際、震源地の武漢は社会機能が麻痺するほどの事態になっているわけですし・・・。

まあ、日本は、必死になっただけはあって、感染はこの程度で済んでいますが、ヨーロッパや北米はそれどころではありませんね。あっという間に万単位の感染者が出てしまっています。

これはもう間違いなくパンデミックです。WHOも3月12日にパンデミックだと言明したようです。

もはや『ザ・ラストシップ』状態です。

『ザ・ラストシップ』というのは、アメリカのドラマで、致死率と伝染力の非常に強い新型ウイルスが世界中に広まって、わずかな人以外、全員死んでしまい、社会が崩壊して、無法状態になってしまうという話です。このドラマのウイルスは致死率が99%ぐらいでした。新型コロナウイルスは、そこまで致死率が高くなくて幸いですが、感染力は負けず劣らずと言えるかもしれません。

こうなると、全員、医療用の防護服を着て、学校や職場に行くしかないでしょう。

『ザ・ラストシップ』では、ウイルスが変化していきましたが、新型コロナウイルスも突然変異とかで、変異していくと、ややこしいことになるでしょうね。

ところで、新型コロナウイルスが引き起こす肺炎ですが、寒いと肺炎になりやすいわけではなく、肺炎は年中かかり、年中人がお亡くなりになります。真夏でも肺炎にかかって、死にますので、暖かくなったからと言って、気を緩めないことが大切です。

関連ページ:
新型コロナウイルス国内感染者数が1000人を突破(日本ニュース通信)