星野光公式ブログ

*

農業アイドル大本萌景(愛の葉Girls)の自殺

   

愛の葉Girlsという農業アイドルのメンバー大本萌景(おおもと ほのか)さん(16歳)が2018年3月21日に自殺したそうです。自殺の方法は自宅での首つりでした。この事件に関して、週刊文春が2018年5月18日、下記の記事を公表し、自殺の原因は所属事務所の社長によるハラスメント行為であるとしました。

自殺した農業アイドルの大本萌景さん(16)母は「娘の死を無かったことにしないで」

 愛媛県松山市を中心に活動する農業アイドルグループ「愛の葉Girls(えのはがーるず)」のメンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さんが、2018年3月21日に自宅で首を吊り、16歳という若さでこの世を去った。5月19日のネット生放送「直撃! 週刊文春ライブ」と、「文春オンライン」では萌景さんの母親の涙ながらの告白について報じ、大きな反響を呼んだ。


大本萌景さん/遺族提供

「ももいろクローバーZ」が好きで、アイドルに憧れて中学2年から「愛の葉Girls」の研修生になった萌景さん。中学3年でレギュラーメンバーに昇格し、順風満帆のスタートを切ったように見えたアイドル活動だったが、大きなつまずきは、運営会社である農業生産法人「hプロジェクト」の方針で学業が大幅に制限されたことにあったという。萌景さんの携帯電話に残されたLINEや母親らの証言からは、「hプロジェクト」代表のS氏やスタッフからの言動によって、萌景さんが次第に追い詰められていく様子がうかびあがってきた。

 あらためて萌景さんの母親に、現在の心境を聞いた。

あの日から、時間が止まってしまった


遺族提供

「萌景が亡くなってから2カ月が経ちましたが、私たち家族はまだその事実をうまく受け止められないままでいます。あの日から、時間が止まってしまったようで……。

 普段から、萌景は『愛の葉Girls』の仕事で家にいないことが多くて、今でもイベントに出かけているような感覚なんです。レッスンが月・水・金、土日になったらイベント。そんな毎日でしたから、萌景がそのうちふらっと帰ってきそうな……。そんな感じなんです。今はまだ、夜になると萌景の仏壇の前に布団を並べて家族で寝ているのですが、朝起きてぱっと目を開けると仏壇が視界に入る。そうやって現実に引き戻されて、1日が始まります」

 萌景さんは、高校1年で火曜日と日曜日が登校日の通信制高校に進学したものの、「愛の葉Girls」の仕事で、特に日曜日はイベントに出かけなければならないことが多かった。萌景さんから仕事を休みたいと事務所スタッフへ連絡しても、相談に乗るどころか「お前の感想はいらん。学校の判断と親御さんの判断の結果をそれぞれ教えろ」などと高圧的なLINEの返信が続き、許可されないことが複数回あった。母親からの連絡には「この相談は萌景本人からじゃないと聞けないことになっています」と取り合うこともしなかったという。学校を休みがちになった萌景さんは、高校1年の前期だけで4単位を落とし、後期は一度も学校へ登校しなかった。


事務所スタッフと萌景さんのLINEのやり取り


マネージャーと母親のLINEのやり取り

「本当に悔やまれます。ほのかちゃんを助けてあげたかった」

 結局、萌景さんは2017年内に通信制高校を退学した。2018年に入ってから、代表のS氏から「全日制高校に入り直すべきだ」、「お金の心配はしなくていいけん」と勧められたこともあり、私立の全日制高校を再受験。「もう1回、高校1年からやり直そう」。一大決心をして、なんとか生活を立て直そうとしていた矢先の訃報だった。


遺族提供

「私たちは、このまま、萌景の死を無かったことのようにしないでほしいという強い思いを持っていました。うやむやになってしまうことを最も恐れていたんです。文春さんにお話しするまでは、萌景が亡くなった経緯をファンの方々にもきちんと伝えられなかったので、とても心苦しかった。うすうす状況を察知していた方からは、5月19日の報道を受けて『やっぱりそうだったんですか』、『イベント中に垣間見たほのかちゃんの笑顔のない顔つきを覚えてます』、『本当に悔やまれます。ほのかちゃんを助けてあげたかった』。こういった声をたくさん寄せていただきました。

 そういう意味で、今は少しほっとしています。もう萌景は帰ってきませんが、釈然としないもやもやしていた感情がほんの少しだけ軽くなって、よかったという思いです。萌景のブログのアクセス数は目に見えて増えているので、たくさんの方に知ってもらえたんだと思います。批判を受けることも覚悟した上で、お話しさせていただきました。後悔はありません」

元メンバーの母親からは「うちの子も辛い思いをしました」


遺族提供

 萌景さんが亡くなる前日の3月20日、萌景さんと母親は2人で事務所を訪れ、全日制高校の入学に必要なお金を借りることになっていた。2019年8月に契約が満了するまでの1年半は「愛の葉Girls」の活動を頑張るということを伝えた上で、「全日制高校へ進学したい。お借りしたお金は、働いてお返しします」という萌景さんの考えを、事務所で経理を担当する社員・T氏に話したところ、「なぜ今、このタイミングで辞めることも考えるのか」、「今の考えのままなら、お金は貸せません」と告げられたという。

「とにかく事務所の言うことは『絶対』。萌景も私も、そんな風に思いこむようになってしまっていました。今回の報道をきっかけに、ある元メンバー(研修生)のお母さんからは『うちの子も辛い思いをしました』という趣旨のメッセージが届きました」

萌景さんが何度も繰り返した「裏切られた」という言葉


遺族提供

「いま全日制高校へ進学することはあきらめて、『愛の葉』を卒業したらゆっくり高校へ行こう」。何とか気持ちを切り替えていた萌景さんと母親へ、その日の夜になってT氏から連絡があった。萌景さんの決断に驚いた様子で「本当に高校入学を辞退していいんですか? 本人から社長(S氏、以下同)に連絡させてください。本当はお金を用意しているので」と発言。外出先からS氏へ電話をかけた萌景さんは、電話を切った直後に「謝らされた、私は何も悪いことしていないのに謝らされた」、「なんで私が謝らないかんの? 本当に社長に裏切られた」と語っていたという。

 萌景さんが亡くなる当日の3月21日の朝、萌景さん本人からS氏との電話の内容について話を聞いた友人の母親はこう証言する。

「萌景ちゃんは、『私の(「愛の葉Girls」で活動した)2年間は何だったんだろう、夢を返してほしい』、前日の夜に電話で『社長に1億円を払うように言われた』と言っていました。動揺して、怒りにふるえているような様子でした。そして何度も何度も『社長に裏切られた』と繰り返していました。私から『1億円ってどういうお金なの? そんなの気にしなくていいからね』と言ったんですけど、萌景ちゃんは黙って下を向いていました。本当に思いつめた表情をしていて、16歳の女の子が嘘をつくような状況ではなかったと思います」

代表のS氏に「責任を感じていますか?」と尋ねると

 萌景さんの母親によれば、3月28日以降、S氏からは一切連絡がないという。

「萌景が亡くなってからちょうど1週間後の3月28日に、S社長ご夫妻が我が家に来ました。私から社長に『萌景との最後の電話で、どんな話をしたのですか』と直接確認しましたが、『本当に高校入学を辞退していいのか? と話した』という一点張りでした。そして社長は『“1億円を払うように”というようなことは言っていません』と頑なに否定していました。主人が、『責任を感じていますか?』と尋ねると、『萌景を守れなかった』という言葉が返ってきました。社長は、涙は出ていないのに、泣いているような声で終始話していました。追い込んだのはあなたなのではないか。そういった思いがこみあげて、社長の言葉が理解できませんでした。『お線香をあげていいですか』と聞かれましたが、堪えがたいことだったのでお断りしました。最後にお会いしてから、謝罪はおろか、連絡もないというのは『なぜ?』という気持ちです。電話で2人が何を話していたのか。私たち家族は、真相を知りたいです」

「社長に会うのが怖いんよ。怖いけん、行きたくないよ」。萌景さんは3月21日の朝、最後の言葉として母親へこう訴えかけた。萌景さんが遺書を残さなかったため、自ら死を選んだ真相は、依然として明らかになっていないままだ。

◆ ◆ ◆

 運営会社の「hプロジェクト」は「週刊文春」の取材に対し、一連の経緯について説明し、S氏が萌景さんに全日制高校へ進学することを勧めたが、3月20日、T氏が責任を持った大人になってほしいとの思いから「お金を貸すことはできません」との趣旨の発言をし、その話し合いの後に母親に電話をかけ、萌景さんからS氏に電話するよう促してほしい旨を伝えた事実を認めた。だが、「Sが大本さんに対して『1億円を支払うように』と述べた事実はありません」と回答している。

引用元:『自殺した農業アイドルの大本萌景さん(16)母は「娘の死を無かったことにしないで」』(文春オンライン)

ひどい話ですね。結局、所属事務所のh-プロジェクトは週刊文春の取材で経緯を説明したものの、h-プロジェクトあるいは代表者の佐々木貴浩氏は、自分たちに原因があることを一切認めなかったと取ってよいようです。実際、h-プロジェクト自体が下記の発表をしていますが、そこでは「1億円を払えと言った覚えはない」ということしか書かれていません。

引用元: h-プロジェクト株式会社

一億円云々は証拠が残っていないとしても、LINEでのやりとりの内容は言語道断ですね。相手は16歳の女の子ですよ。

「この会社は金儲けしか関心がないのか」と思いました。

 - 社会